でんみみの日常

ニュータッチのKASUYA監修大阪かすうどんを食べました

かすうどんってうどんがあることを知ったんだけど美味しそうだったなぁ~
じゃあ今日はかすうどんを食べてみる?
本当に!?楽しみだね!

ということで今回はニュータッチから発売されている、KASUYA監修大盛大阪かすうどんを食べてみようと思います。

加寿屋(KASUYA)とは

「かすうどん」を提供しているお店であり、「かすうどん」を生み出したのがこの加寿屋のようです。

本店は大阪府の藤井寺に構えており、20店舗を超える店舗を運営しています。

公式サイトも確認しましたので、気になる方はこちらから遷移できます。

かすうどんとは

牛の腸をじっくりと油で揚げて余分な脂を落としたものを「油かす」と呼ぶそうです。

牛の小腸についている脂肪は溶ける部分と溶けない部分があるようで、この溶けない部分を高温の油にやり収縮して塊になったものを「かす」と呼ぶそうです。

詳しくは加寿屋の公式ホームページに情報がありますので興味のある方はチェックしてみて下さい。

開封してみます

麺は油揚げ麺になっているようです。

別添の小袋は液体スープとかやくの2つが入っていました。

麺の上にかやくを開けました。
今回の主役の「かす」がたくさん入っていますね。

フタの上で液体スープを温めるのを忘れないようにしましょう。
待ち時間は5分になります。

栄養成分表示

油揚げめん(小麦粉、植物油脂、ラード、食塩、植物性たん白、しょうゆ)、スープ(しょうゆ、糖類、食塩、動物油脂、たん白加水分解物、ビーフエキス、昆布エキス、鰹エキス)、かやく(かす入り揚げ玉、ねぎ、卵加工品、とろろ昆布)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、酒精、リン酸Na、酸化防止剤(ビタミンE)、カラメル色素、膨張剤、酸味料、カロチノイド色素、甘味料(ステビア、甘草)、糊料(プルラン)、(一部に卵・小麦・牛肉・大豆を含む)
エネルギー 507kcal
たん白質 7.9g
脂質 21.6g
炭水化物 70.2g
食塩相当量 7.4g
めん・かやく 3.1g
スープ 4.3g

内容量128g(めん90g)となっていました。
希望小売価格180円です。何度も購入していますが130円以上で販売されているのはみたことがありません。(私が購入した時の価格は100円くらい)

実食

フタを開けた瞬間にかす特有の香りがしました。

美味しそうだね いただきます!
いただきます…!

それでは食べていこうと思います。
いただきます!

スープ【7.5】

スープにはたっぷりの脂を感じます。

スープの仕上がりは、甘みを強く感じるものになっていました。
関西風うどん特有のスープにたっぷりの牛の脂の旨味を追加したスープです。

関西風があまり好みでない方もこれは食べてみて欲しいですね。

めん【7】

私の中ではニュータッチ(ヤマダイ)の油揚げ麺は他のメーカーに比べてかなり特徴的な味になっているのですが、このうどんもその特徴を強く感じました。

油揚げ麺の魅力を最大限に感じることができますよ。
油揚げ麺特有の魅力なので好みによる部分が大きいのも事実ですが、私はこのニュータッチの油揚げ麺が大好きなんですよね。

麺のコシもしっかりと感じられました。
美味しかったです。

具材【7.5】

何といってもこの「かす」がポイントですね。

ただの揚げ玉ではなく、噛むとしっかりと歯ごたえがあるんですよ。
しっかりと牛の旨味を感じることができました。

またこの「かす」がスープにも良い味を出しているようで、加寿屋が監修しているという魅力を感じることができました。

総評【7】

100円という値段でこれだけ満足できるカップうどんはかなり限られてくると思います。

スープ、麺、具材ともに大きな欠点はみつかりません。

これはおすすめできる商品ですね。

ごちそうさまでした!
初かすうどんだったけど美味しかった~
ごちそうさまでした…!
かすうどんとっても美味しかったね!

最後までお読みくださりありがとうございました。

-でんみみの日常

Copyright© 電電みっくす! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.